flower border

愛愛日記~クローン病ブログ

クローン病ブログから健康ブログへ。腸に良い食事や料理レシピ、健康食品など

スポンサードリンク

TOP > 腸内環境・乳酸菌 > title - 腸内環境・腸内フローラを整えるため乳酸菌サプリを摂取。IBDクローン病

腸内環境・腸内フローラを整えるため乳酸菌サプリを摂取。IBDクローン病

Category腸内環境・乳酸菌
(以前投稿したブログ記事を編集して更新しています。)

夕食の時にテレビを少し見ていたら、腸内フローラ特集という番組を放送していたので ちょっと見ていました。
便移植のこと 放送してましたね。
潰瘍性大腸炎の患者さんが便移植をして腸内細菌が変わり、症状が改善したということでした。

便移植治療のことはこれまで医療ニュースなどで少し聞いたことがあったのですけど、どんな風なのかな~?と遠くから様子を伺っている感じで、詳しい情報を知りたいという気持ちにはなっていませんでした。

便移植(糞便移植療法)の治療は、炎症性腸疾患(IBD)の患者さんに抗生物質を投与して、腸内にいる悪玉菌をまず除去し、そのあとに健康な人の便を大腸内視鏡やチューブを使って患者さんの腸内に移植すると、かなり高い確率で寛解(かんかい)になるということです。


炎症性腸疾患(IBD)のクローン病潰瘍性大腸炎では、以前から 腸内環境を整えることが病気のために良いということがよく言われています。
腸内細菌のバランスを整えて腸内環境を良くすることですね。


腸内細菌について


腸内細菌の主なものは、善玉菌と悪玉菌と、その間の日和見菌の3つに分類されていて、これらの腸内細菌が腸内の環境を保っています。

⚫︎善玉菌(ビフィズス菌、ラクトバチルス菌など)
⚫︎悪玉菌(ウェルシュ菌、フソバクテリア菌、クロストリジウム菌、腸球菌など)
⚫︎日和見菌(善玉にも悪玉にも属さない菌で、大腸菌、バクテロイデス、ユーバクテリアなど)

善玉菌、悪玉菌、日和見菌の割合は、一般的に、善玉菌20%、日和見菌70%、悪玉菌10%で、バランスのとれた状態とされています。
日和見菌は、状況に応じて善玉菌に加勢したり、悪玉菌の方に傾いたりしているということです。

悪玉菌の代表のウェルシュ菌は、食事として体内に取り入れた栄養素を腐敗物質に作りかえてしまいます。
排便状況が悪化して便秘になると、ウェルシュ菌が増加して腐敗物質が増えます。

善玉菌の代表のビフィズス菌は、悪玉菌の増殖を抑えて腸内を良い状態に保ちます。

ビフィズス菌の働き
⚫︎腸内の腐敗を抑える
⚫︎病原菌の感染を防ぐ
⚫︎下痢を予防する
⚫︎病原菌の感染を防ぐ
⚫︎腸の蠕動を促進する
⚫︎免疫力を高める

腸内環境の悪化は免疫力の低下をまねき、それが病気の原因となってしまうこともあるため、腸内環境を正常に保つことが大切です。

善玉菌を増やして腸内細菌のバランスを整えるには、善玉菌のエサになる食物繊維やオリゴ糖を多く摂取することや、乳酸菌やビフィズス菌がたくさん入ったヨーグルトや乳酸菌飲料の摂取、また、納豆菌などの発酵食品を摂取するのも良いということです。


ヨーグルト10個分の乳酸菌 サプリメントの摂取


以前もも姫は、ビフィズス菌を増やして腸内環境を整えるという、明治のおなか活力タブレット(ビフィズス菌含有食品・サプリメント)を飲んで試しているということをブログで書きました。

明治おなか活力タブレット ビフィズス菌を増やし腸内環境を整える

そして、その明治のおなか活力タブレットのサプリはもも姫のお腹に合っていたようで、そのサプリを摂取する前よりもお腹の調子が良いなと思いました。

けれど、その明治のビフィズス菌サプリの他に もうひとつ気になっている乳酸菌サプリがあり、それも試してみたいとブログで書いていました。

そのサプリメントとは、ヨーグルト10個分の乳酸菌 という乳酸菌含有食品です。

もも姫は酸味のあるヨーグルトがあまり好きでないのと、ヨーグルトを食べたあとにお腹がゆるくなることがよくあるので、ヨーグルトで乳酸菌やビフィズス菌を摂取するのは難しいです。

この、ヨーグルト10個分の乳酸菌のサプリを飲めば(食べれば)、ヨーグルトを毎日食べなくてもヨーグルト10個分の乳酸菌を摂取できるということで、とても魅力的だなと思い、試してみることにしました。

ヨーグルト10個分の乳酸菌 サプリ

このヨーグルト10個分の乳酸菌のサプリ(栄養補助食品)には、ヨーグルト10個分に相当する1,000億個のフェカリス菌と、有胞子性乳酸菌ラクリス 1億個、植物性乳酸菌ラブレ菌 1.6億個、ビフィズス菌 2億個が配合されています。

ヨーグルト風味のタブレットとなっていて、もも姫は噛んで食べています。結構美味しいです。

ヨーグルトを1日に10個も食べるのはすごく大変ですけど、この乳酸菌含有食品のサプリは小さなタブレットで1日2粒の摂取が目安ということなので、たくさんの乳酸菌を手軽に摂取することができて良いです☆

ヨーグルト10個分の乳酸菌は、先月から飲み始めて30日ほど経っていますが、お腹の調子は良い感じです。
お腹がゆるくなる回数が減りました。

一ヶ月と少し前から栄養剤のエレンタールを飲む量を減らしているので、そのこともお腹の調子に大きく関係していると思いますが。

乳酸菌サプリを摂取し続けて、摂取前よりも腸内環境が良くなったかどうかは、そういう検査をしていないのでわかりませんけど、お腹の調子は良い感じで、善玉菌が増えて腸内環境が良くなっているのではないかなと自分で思うので、これからも乳酸菌やビフィズス菌のサプリを毎日摂取していきたいと思っています。

昨日見たテレビ番組では、
ヨーグルトは腸が活発に動いている夕方に食べるのがよいと言っていたので、乳酸菌やビフィズス菌のサプリも夕方に摂取するほうがよいのかなと思いました。

もも姫はいつも、毎朝エレンタールを飲む前に乳酸菌サプリとカルシウムサプリを食べています。


腸内環境はストレスなどでも変化したり、あと、食品に含まれる保存料で腸内の良い菌が死んでしまう ということも本で読んだことがあるので、乳酸菌サプリ等の摂取だけでなく、その他のことも気をつけていきたいと思います。

ヨーグルト10個分の乳酸菌 200mg×62粒




腸内フローラ・腸内環境を整える

1粒に16種類の乳酸菌が500億個も!
生きた乳酸菌がしっかり届く!『乳酸菌革命』




スポンサードリンク


【関連ブログ記事】

プレミアガセリ菌CP2305摂取 ストレス緩和、睡眠の質改善効果

植物性乳酸菌ラブレ 糖質オフ。甘い紅茶や甘い飲み物を制限

腸内環境(腸内フローラ)を整える腸活。LB81乳酸菌ヨーグルトを試す。クローン病

腸の粘膜を強くする方法。食物繊維を摂取して腸を丈夫にする
 
関連記事
スポンサードリンク