flower border

愛愛日記~クローン病ブログ

クローン病ブログから健康ブログへ。腸に良い食事や料理レシピ、健康食品など

スポンサードリンク

TOP > 料理レシピ(クローン病) > title - しらすと小松菜と油揚げの炊き込みご飯。クローン病食事・料理レシピ

しらすと小松菜と油揚げの炊き込みご飯。クローン病食事・料理レシピ

Category料理レシピ(クローン病)
炎症性腸疾患 クローン病もも姫の食事・料理レシピ

美味しい炊き込みご飯を作って食べました。炊き込みごはんは大好きです♪

しらすと油揚げと小松菜の炊き込みご飯 です。

 しらすと小松菜と油揚げの炊き込みご飯 クローン病食事と料理

小松菜は色々な栄養がたくさん含まれる緑黄色野菜で体に良さそうなのですけど、葉が少しかたいので、炎症性腸疾患クローン病のあるもも姫は普段はそんなに多く食べていません。

この炊き込みご飯を作った時は、かたい茎の部分は使わず 小松菜の葉の部分だけを使い、
葉を細かく切って加熱し、やわらかく消化良く食べることができました。


しらすと小松菜と油揚げの炊き込みご飯の作り方


①油揚げは熱湯で茹でて油抜きをする。
(クローン病のもも姫は時間をたくさんかけて油をよく抜くようにしました。)

油抜きをした油揚げの水気をペーパータオルで取り除いたあと、包丁で細切りにする。

②研いだお米を炊飯器の釜に入れて、そこに かつおだし、みりん、酒、薄口しょうゆ、塩を入れ、
分量の水を加えたら お米と調味料をかき混ぜる。
(かき混ぜたあと時間を置いてから炊くとご飯が焦げるので、かき混ぜて具を入れたらすぐに炊きます。)

③②のお米の上にしらすと油揚げを入れて、炊飯器のスイッチを入れて炊く。

④小松菜の葉の部分を電子レンジで加熱してやわらかくし、熱が少しとれたら包丁で細かく切る。
ご飯が炊けたら、炊飯器のフタをあけて切った小松菜を加え、ご飯と混ぜ、フタをして少し蒸らしたら出来上がり。


炊き込みご飯はよく作るので、調味料の量はだいたいの目分量で入れたのですが、ちょうどよい味加減で出来ましたよ。

薄口しょうゆで味をつけると、ご飯の色が茶色くならず、味が上品な感じになります。

小松菜はご飯と一緒に炊かないほうが緑の色がきれいになるので、最後に混ぜることにしました。

油揚げが入っているので、その味で小松菜の葉の青くささが消されて とても美味しく食べられました。

コマツナはβ-カロテンやビタミンC、カルシウムなどの栄養が豊富で、特に鉄を多く含み、貧血防止に役立ちます。
しらすもカルシウムの栄養がたくさんとれると思います。

クローン病もも姫が大満足した、しらすと小松菜と油揚げの炊き込みご飯 の料理についてでした。
食事で満足できると嬉しいですね。


IBD病院食で出ていた小松菜のおかず


クローン病治療で入院した時に、IBD食で小松菜のおかずが出ていました。
小松菜のお浸しです。

小松菜のお浸しは大分やわらかくなっていました。
でも、やっぱり小松菜はちょっとスジが多くて口に残りますね。
そのため、あまりたくさん食べないようにしました。

スポンサードリンク


ちりめんじゃこと小松菜ごはん


炎症性腸疾患(IBD)クローン病もも姫の食事と料理レシピ

ちりめんじゃこ( しらす干し )と小松菜ご飯を作りました。

いつもご飯をつくる時と同じように お米と水を炊飯器に入れて、その中にちりめんじゃこと刻んだ小松菜を入れるだけです。
簡単です〜

ちりめんじゃこには最初から塩味がついているので、少しだけ塩を炊飯器にたして入れました。
ほとんど味付けもしなくて大丈夫です。

小松菜は、色どりを考えたら、別にゆでるか電子レンジでしんなりさせて細かく刻み、ご飯が炊き上がってから最後に入れたほうがいいと思いますが、もも姫はクローン病なので、最初から炊飯器に入れて消化の良いようにやわらかくしました。
最初に全部入れたほうが簡単ですしね。。笑


ちりめん小松菜ご飯


カルシウムがたくさんとれる


IBD(炎症性腸疾患)の人は食事制限や吸収不良などによってビタミンDやカルシウムが不足しやすいそうです。

ちりめんじゃこにはカルシウムがたくさん含まれています。
小魚は牛乳に次いでカルシウムの吸収率が高く、また、ちりめんじゃこにはカルシウムの吸収をよくするビタミンDも含まれています。

小松菜にもカルシウムがたくさん含まれていて、アクが少ないので、茹でずに使えて便利です。

クローン病に最も適した主食はお米だとよく言われますね。
米は消化が良くて食事性抗原になりにくく、ご飯に含まれる難消化性でんぷんは腸管病変の治癒を促す作用が期待できるということです。


アレンジ料理


この、ちりめんじゃこと小松菜のご飯を卵かけご飯にしたら とっても美味しいんですよ~
最初は普通にそのまま食べて、途中から卵かけご飯にしました。 

そして、たくさん作ったので、次の日にはチャーハンにしました。

ちりめん小松菜チャーハン

ちりめんじゃこと小松菜が最初から入っているので、ウインナーと卵をたして入れただけです。
ウインナーはクローン病ではあまりよくないかもしれないですね。
料理に使う時は脂質少なめのものを選んで買っています。
普段はウインナーの代わりに魚肉ソーセージをよく使います。(添加物の少ないものがいいかも…)

チャーハンも美味しくいただきましたよ。
ご飯の料理を簡単に3通りに変化させて 色々と楽しんで食べることができました。

カルシウムたっぷり ちりめんじゃこと小松菜ご飯は、骨粗しょう症予防に良さそうです。


【関連ブログ記事】

しらすふりかけ(かつお節、ごま入り)手作り料理 レシピ クローン病

カルシウムサプリ。DHCとトップバリュのサプリメントを摂取・比較

クローン病食事献立表 病院食事IBD食 クローン病入院

関連記事
スポンサードリンク

Comments

コメント投稿