flower border

愛愛日記~クローン病ブログ

腸に良い美味しい食事や料理レシピ、健康食品・健康情報など

スポンサードリンク

TOP > 京都 > title - 京都 晴明神社 病気平癒の御利益がある水と厄除桃(やくよけもも)

京都 晴明神社 病気平癒の御利益がある水と厄除桃(やくよけもも)

Category京都
陰陽師(おんみょうじ)安倍晴明公をお祀りする晴明神社へ行ってきました。

晴明神社は京都市上京区の堀川通りにあります。


  晴明神社 鳥居


写真はすべて、スマホで写した写真です。

星の形の五芒星(桔梗印とも呼ばれる)は、晴明公が創られた祈祷呪符のひとつで、魔除けの印である。
天地五行を(木・火・土・金・水)を象徴しているということです。

この印ですね↓ ちょっと歪んでますが…笑
 

四神門(しじんもん)にも桔梗印が

  晴明神社 四神門 桔梗印


 一條戻橋
  晴明神社 一條戻橋


 晴明井
  晴明神社 晴明井


晴明井は安倍晴明の念力によって湧き出たとされる井戸で、
この水を飲むと病気平癒の御利益があるといわれている と、ガイドブックに書いてありますが…
もも姫は この水を飲む…ということを知らなくて、手を清めただけでした~…

今度また晴明神社に行って 晴明井の水を飲んでこようかな~

病気平癒とは、『病気が完治すること』

もも姫はこれまで、難病クローン病の完治を望んだことはないかも

病気が治るにこしたことはないですけどね。

でも、病気というのは、治らない時は治らないものだから、自分の病気のことを受け入れて、絶対に完治させるんだ!と力まずに、自然体で生きていくのも また幸せなことだと思いますよ。

病気(難病)の完治を強く望まないというのは、諦めではないのです。
病気が治ったら治ったでとても嬉しいし、治らなくても、私は難病を持ちながらでも楽しく幸せに生きていきます☆という強く前向きな気持ちです。

もも姫は 今はクローン病緩解期です。
直腸狭窄などはあるけれど、緩解状態となっています。


  晴明神社本殿

晴明神社の本殿でお参りをしました。


その本殿のすぐ横に、厄除桃(やくよけもも)というのがありました。
古事記 日本書紀 桃太郎伝説にあるように、
古来 陰陽道では 桃は厄除魔除(やくよけ まよけ)の果物とされています。

  晴明神社 厄除桃

厄除桃をなでると 自分の厄を桃に移すことができるというので、桃を両手で撫でてきましたよ。
もも姫は厄除桃に愛着を感じました。


  絵馬
  晴明神社 絵馬


  記念撮影スポット 顔出し
  晴明神社 写真撮影スポット 顔出し


晴明神社にゆかりの深い花、桔梗(ききょう)が咲いていました。

  晴明神社 境内に咲く桔梗


  晴明神社公認 桔梗庵  お土産などが売っていました。

  晴明神社境内 桔梗庵 お土産ショップ
  
 
  晴明神社境内 赤い実の植物
  晴明神社境内 赤い実 植物


  京都 晴明神社 


晴明神社でお参りして、神社を出る時には心が清々しくスッキリとした感じがしました。
厄がとれて 魔除けができたのかも


♪関連ブログ記事
京都 鈴虫寺の説法のお話と幸福地蔵様への願いごと・お守り

京都 車折神社 芸能神社でお参り。おみくじで凶が出たら

関連記事
スポンサードリンク
スポンサードリンク