flower border

愛愛日記~クローン病ブログ

腸に良い美味しい食事や料理レシピ、健康食品・健康情報など

スポンサードリンク

TOP > ブログ > title - クローン病ブログをやめる クローン病から離れる

クローン病ブログをやめる クローン病から離れる

Categoryブログ
このブログを始めたときは クローン病のことを書くつもりがなくて
最初は 「家庭菜園の野菜を収穫して食べました~」とか、「お祭りに行きました~」とか、そんなことをブログに書いていました。

でも、ブログをもう少したくさんの人に見てもらえたらいいなと思って ブログランキングサイトに登録して
もも姫はクローン病があるのでクローン病と そのほかのカテゴリにも参加しました。

それで、ブログランキングサイトのクローン病のカテゴリに参加したら、クローン病のことを書かないとおかしいので、それから ブログタイトルに「クローン病」と付け加えて クローン病のことを書き始めたのです。

もも姫はクローン病歴が長くて、クローン病でそれまでいろいろなことを経験していたので、クローン病のことなら書くことが山ほどありました。

そうして、クローン病のことを毎日のように書いていたら、だんだんたくさんの人がブログを見にきてくれるようになってきて
コメントもたくさん書いてくれるようになりました。

そのことは良かったのですけど、でも それで良いことばかりではありませんでした。

クローン病以外のことも書きたいと思っても、ランキングサイトのクローン病のカテゴリにいたら クローン病以外のことがあまり書けなかったのです。

クローン病のカテゴリに参加しているからといってクローン病以外のことを書いてはいけないということはなく、なんでも書いて良かったんですけどね。

でも ランキングサイトのクローン病カテゴリに参加していると 、クローン病のことを書かないといけない!という気持ちになります。
(現在はランキング参加していません。)

それなので、他のことを書きたいと思っても 無理やりクローン病のことを書いていた時もよくありました。

クローン病のことを書けば書くほど ブログを見てくれる人が増えて
そうしているうちに このブログはすっかりクローン病ブログとなってしまいました。

クローン病のもも姫さんになってしまったのです。

それは 嬉しいことかといえば… 微妙~…

クローン病は もも姫の中の一部のことであって、100のうち3以下くらいのことです。

でも ブログでクローン病のことをよく書いているもも姫さんのイメージは、100のうち97くらいクローン病のイメージとなっているのではないかと思います。

このブログを書いていてそう感じることがよくあります。

それは クローン病のことをたくさん書いていたから、自分のせいなんですが…

クローン病で人気者になりたいとか クローン病ブログで1位になりたいとか そう思っているなら嬉しいかもしれませんが…

クローン病ブログで人気者になったところで それはクローン病があるからということで、そんなことをずっと長く続けていたら、いつまでたってもクローン病が自分から離れていきません。

ずっとクローン病のもも姫さんなのです。

クローン病で大人気になったとしても それはそんなに嬉しいことではありません。
そんなに輝かしいこととは思いません。
なかには それが嬉しい人もいるでしょうけど。


病気で亡くなられた小林麻央さんが いつかブログで書かれていたこと

「乳がんは私のごく一部のことであって、私の人生は、病気のことの他に、幸せなことがたくさんあったという そんな人生なのです。」

言葉は違っていると思いますが、このようなことを書かれていましたね。

それを読んだとき、もも姫は病気のブログを書いていたので その気持ちがよくわかりました。

病気のことをブログで書いている方は、ある日ある時 ふと 「病気は私の全てではない 病気は人生の中の一部のこと 自分の中のごく一部のこと」そんな風に思うことがあるのではないかなと思います。

もも姫は昨年頃まで 難病のクローン病のことを主にブログで書いていましたが、いつも、「クローン病になったことは悪いことではない」「クローン病でいろいろなことを経験して そのことで、良いことも幸せなこともたくさんあった」というようなことを書いていました。

クローン病になったという人生は決して悪い人生ではないよ
不幸な人生ではないよ
クローン病でいろいろなことを経験して、そのことで幸せをたくさん感じられるようになったよ ということを多くの人に伝えたいと思い、ブログを一生懸命書いていました。

世間一般的には、病気は悪いこと 病気になったら不幸になる 病気になったら幸せに過ごせない などとそんな風によく言われていて、そんな言葉を見聞きするたびに、そんなことないんだ 悪いことばかりではないんだ 病気になって幸せになこともたくさんあったよと言いたい気持ちでした。

ブログを書いていなかったときは そんなことは特に思ったりしなかったのですけど、ブログでクローン病のことを書きはじめて ブログでいろいろな人と交流したり、インターネットの情報をよく見るようになってから、病気や障害(障がい)は世間ではよく思われていないということを感じて、
そのことで、「自分の人生は悪い人生だ 」「病気になる人生は不幸な人生だ」と言われているようで…

でも、実際 自分はそう思っていないし、そんなふうに思っていたら ほんとうに不幸になるから、そんな風に世間一般で病気の悪い面ばかり注目して言われることはいやだな 悲しいことだなと思いました。

病気は、気をつけていたからといって絶対に病気にならないということはなく、元気な人でも 健康にすごく気を使っている人でも なる時はなるものです。

病気でなくても、ある日ある時 事故に巻き込まれて怪我をして障がいを負ってしまうかもしれません。

どんなに注意して気をつけていても 病気や怪我をすることがあるのです。

病気や障がいは人ごとではないのです。
世の中の人みんなが病気や障がい者になる可能性があるわけなので、誰がいつどんな病気になっても幸せに暮らせるような そんなあたたかい社会を作っていくことが大事だと思います。

「病気になったら不幸になる 幸せに過ごせない」というのは間違いで、
「病気になったら不幸になる」と思っている人は、病気になった時にほんとうに不幸になってしまいますが、
「病気は不幸なことばかりではなくて、辛いことや悲しいことと同じ数だけ幸せなこともあるから大丈夫」と思っている人は、病気になっても幸せをつかめるし、大丈夫なんです。

関連記事
幸せになる方法。クローン病でたくさん幸せになれた

病気の苦しみから出会えた幸せと感動

大きな幸せ・真の幸福は不幸の中にこそある。 愛


これまで、クローン病のことを主にブログで書いていることで、同じクローン病の方が共感してくださったり、クローン病以外の方からも「励まされました」「勇気をもらいました」など どこかの誰かが少しでも元気な気持ちになってくれたときには、役に立つことができて良かったと思い、嬉しく思いました。

もも姫は、クローン病でたくさんのことを経験しているので、病気で困っている人や悩んでいる人の気持ちがよくわかり、そんな人のことを少しでも助けてあげられたらと いつも心のどこかで思っていました。
それは今でもずっと思っています。

でも その一方で、病気のことをブログでよく書いていたことで、ネット内のいろいろな人から「病人」と見られているなと感じることがよくあり、

私は病人ではない
病気の治療はしているけれど 病気のことなんて私の中のほんの一部でしかない
私は他の健康な人と同じ人間で、別に違う人種の人ではないんだ

病人のような目で見ないでほしい
病人あつかいしないでほしい
元気なのに「お大事に」なんて言わないでほしい

でもそれは クローン病で大変なことなどをブログによく書いていたから 仕方のないこと


もともとクローン病のことは書くつもりなく始めたブログなので、ブログでは、クローン病や病気以外の人ともたくさん交流していました。
ブログ内での交流です。

それで、他の人は 病気のことと全然関係ないこと 「どこそこに遊びに行った」とか、「こんなすごいもの食べた」とか そんなことをブログでよく書いていて、自分は「クローン病の症状で体が痛くて 苦しい…」「症状がよくないので食事は食べない 絶食している」「入院治療をします。」そんなことをよく書いていて、途中から なんとなく交流しづらくなってきました。

病状がよくなくて何日も絶食している時に、「こんな美味しいもの食べた」とかいうことは関心がないし、見たくないのです。

そんなことを感じていたので、自分が美味しいものを食べた時などにブログでその食べ物のことを書くことにも抵抗がありました。

こんな食べ物のことを書いたら不愉快に思う人がいるだろうなと思って。
クローン病のことを書いているブログだから特に。

もも姫は過去にクローン病とわからなくて3年間絶食した経験があり、そのことをブログで書いているのでね。

病気で食べられなくて苦しんでいる人が このブログを見てくれているだろうと思ったから。

関連記事
絶食3年 食事が食べられないまま過ごした。クローン病

絶食3年間…食事を我慢した方法。クローン病

3年絶食中に描いた食べ物の絵 入院ベッド上で。クローン病

クローン病があっても、元気な人 困っていない人は、クローン病のことでネット検索して情報を仕入れたりしません。

クローン病のことで困っている人 心配事がある人 苦しんでいる人 悩んでいる人がクローン病のことで検索してブログの情報を見に来られるものだから、そんな人のなかには食事をあまり食べられていない人がいると思います。

入院中の方もよく見に来られます。
クローン病で入院中の時は絶食していることがよくありますね。

もも姫はクローン病になって長いので、クローン病のことで検索したり調べたり なにか情報を求めることはないです。

スポンサードリンク


自分のクローン病の症状や食事療法のこと、これまでクローン病で経験したことなどをブログでいろいろ詳しく書いていたもも姫ですが、ある時からは 自分のクローン病の症状のことをほとんど書かなくなりました。

それは、病気の詳しい個人情報を書くことなどで、病院での治療がしにくくなるということがあります。

それなので、病院の診療カルテを見て もも姫だとわかるようなことはブログでなるべく書かないことにしました。

クローン病で有名になりたいのなら、ブログで病気の詳しい情報を書いても差し支えないですけど、もも姫はクローン病で有名になりたいとか クローン病のことで世間に多く露出したいとは思っていません。

クローン病のことを色々書くことでブログをたくさん読んでもらえるようになったことは嬉しいことだと思いますけど、でも その反面、病院で誰かに「もも姫さん」とわかってしまったらイヤだなと思うことがあります。

先生や看護師さんならともかく、同じクローン病の患者さんに気づかれたらなんかイヤだなと思って、病院でゴキブリのようにコソコソとしていないといけなくなったのです… 笑

それなので、クローン病のこともですけど、その他、病院のカルテに書かれるような症状や情報、それから その他の個人的な情報なども なるべくブログでは書かないことにしました。

それに、個人情報を不特定多数の人に公開することで犯罪などに巻き込まれることもありますからね。
そのあたり注意しながらブログを書いていきたいと思います。


そして、もうひとつ クローン病のことをあまり書かなくなった理由があります。

それは、クローン病から離れるということ。

クローン病という言葉をブログタイトルにつけて クローン病のことをブログでしょっちゅう書いていると、身も心もクローン病になってしまうのです。

もも姫はもうクローン病になって長いので、クローン病のことは特別なことではなく、意識するようなことでもなく、普通のことです。

病気のことを考える時間は少ないほうがいいです。

でも、クローン病のブログを書いて、そのブログをたくさんの人に読んでもらおうと思ったら、あるいは、検索からブログを読みに来てもらおうと思ったら、「クローン病」に関することを詳しくたくさんブログに書かないといけないのです。

そうすると、クローン病のことや病気のことをたくさん考えることになり、クローン病ブログにはクローン病の人たちがたくさん集まってきて クローン病ランドのようになってしまい…

もも姫はそのクローン病ランドやクローン病ワールドのなかにずっとい続けることになり、そうしているかぎり、クローン病からいつまでも抜け出せなくて 真のクローン病患者になってしまいます。

それは もも姫にとってよいことではありません。

もも姫はこのブログを始めたときよりもさらにクローン病の症状が良くなっていますし、クローン病になってから長いので、もうクローン病ワールドからサッサと抜けださなくてはいけないのです。

いつまでもクローン病クローン病とクローン病の世界にひたっていたら クローン病に支配された人生になってしまいますから。

もも姫は、難病のクローン病になった人生は決して悪い人生だとは思っていません。
病気では色々なことを経験して 感動的なこともたくさんあったし、良い経験をしたと自分で思っています。

でも、わざわざクローン病のことにずっといつまでも関わっている必要はありません。

クローン病のブログを書いていなかったら、クローン病のことなんて忘れて過ごしていることが多いのに、クローン病のブログを書くことで、クローン病のことをたくさん考えて、「私はクローン病だ」ということを頭に深くインプットさせてしまうのです。

頭で物事を考えるだけでなく、手を動かして文章を書く(入力する)と、脳に記憶されやすいので、クローン病のことをブログで詳しく書くと、そのことが頭にしっかりとインプットされて、「私はクローン病」ということが自分の脳に何度も認識されることになります。

私はクローン病
私はクローン病…

必要以上に自分が難病のクローン病だということが脳の中に入ってきて、ブログを見た人からも病人と思われたりすることで、常に病人モードになってしまいます。
病気思考になります。

病気で体に痛みがあったとして、そのことをブログに書くと、「体に痛みが出るんだ」ということが頭にしっかりとインプットされて、「痛み」のことを必要以上に考えてしまいます。

そんなふうに、痛みのない時まで「痛み」のことを考えると、精神的にもよくないし、そのことは病気の症状にも影響します。

ブログに良いことを書くと、そのことが実現するということを聞いたりしますが、もも姫もこれまで そんなことが何度かありました。

こんなことできたらいいなとか、こんな風になったらいいなとかブログで書いていたら、ほんとうにそうなったということがこれまで何度かありました。

ブログには、幸せなこととか 嬉しいこととか きっと良くなるとか、良いことや前向きなことを書くといいです。

そんな風に書くことで、心が前向きになって、希望していることが実現しやすくなるのかもしれません。


そんな色々なことで、もも姫はもう クローン病のことからできるだけ離れることにしました。

そう思っている時に、もも姫が以前お世話になったクローン病専門医の先生の言葉を知ることがあり、その言葉で さらに、クローン病のことから離れることはいいことだと思いました。

その言葉とは、

『病気と向かいあうことというのは、病気のことばかり考えることではありません。

病気以外のことを考えるのが、本当の意味で病気と向きあうことなのです。

これはクローン病に限ったことではありません。』


という言葉です。

クローン病ブログを書いていると、クローン病のことを必要以上に考えてしまいます。

自分のクローン病の症状を治すために深く考えることは悪いことではないですけどね。

でも、それをブログで書くと、もっともっとその3倍も4倍も長い時間をかけてクローン病のことを考えることになるのです。

もも姫はもともとブログでクローン病のことを書くつもりはなかったし、クローン病のことはこれまでたくさんブログで書いて いろいろなことを伝えて、自分の役割は果たしたと思いますから、いつまでもクローン病クローン病と そのことばかり書くことはやめることにしました。

クローン病に関することのなかでも、こんなことをしたら良かったよとか、こんな低脂質の美味しいものがあったよとか そういう前向きな内容はいいとして、

クローン病で体のどこかが痛いとか、そんなことを書くと、体調がよくないことが頭に強くインプットされてしまって、精神的にも体にもよくないので、そんなことはもうあまり書かないことにしました。

クローン病の調子が悪いとか、病気で体調が悪いと書くと、ブログのアクセス数は増えます。

でも、そんなことのために身を売るというか… 病気の悪化のことを自らブログに書いて公開して それでたくさんの人に注目されてもね…

ブログを書き始めて1年目2年目3年目の頃はそんなことはあまり思わなくて一生懸命書いていましたけど、5年を越えて 現在は6年も越えていて、いつまでもずっとクローン病のことをブログであれこれと書いて このまま一生クローン病にこだわっているわけにはいかないなと思いました。


クローン病のことを必要以上に考えない

クローン病のことにいつまでもこだわらない

クローン病にすがらない

クローン病から離れること

クローン病 断捨離

クローン病 バイバイ

クローン病 さよなら

クローン病 ありがとう


もも姫は、病気になって やさしい気持ちになることができたり、弱い立場にいる人のことを少しでも理解できるようになったと思うので、それは良かったと思います。

クローン病になって いろいろなことを学び、幸せなことにも出会えました。

クローン病のことから離れることで
クローン病のことを考える時間を少なくすることで
クローン病のことを忘れて 他のことを楽しんだり集中することで
もも姫は もっともっと元気に楽しく過ごせると思います。

ブログタイトルからももう、「クローン病」という言葉をはずしたいけど
それはいろいろ都合があるので しばらくこのままにしておきます。 笑

このブログ これからどんなことを中心に書いていこうかと色々考えますけど

6年ほど続けて書いているブログなので、ブログはこれまで通り更新して、過去記事を直しながら 日常で考えたり経験したことをボチボチと書いていきたいと思います。

自分の現在のクローン病症状のことはもうあまり書かないですが、一般的な病気のことや食事療法のこと 過去のことなどは書くことがあると思います。

ガラッと変えて 断捨離ブログになっていたりして~

…って、それはないと思いますよ。

断捨離ブログは、家の中の物や部屋の様子をいろいろ公開したりしている人が多いですからね。
それはしたくない… 笑

もともと 愛の日記 なので、愛のことをいろいろ書ければいいですけど
それも いまさら恥ずかしい… 笑

愛はでも このブログを始めたときと同じく ずっとあって そのことはなによりの幸せです。

健康に関することなど いくつか書こうと思っているジャンルがあるので、病気ブログから健康的なブログへと変身~させていって、それとともに、自分も 心身ともに 健やかに楽しく幸せに毎日を過ごせるようにしていければと思います。

関連記事
スポンサードリンク