flower border

愛愛日記~クローン病ブログ

クローン病ブログから健康ブログへ。腸に良い食事や料理レシピ、健康食品など

スポンサードリンク

TOP > ピアノ > title - ピアノ練習 ひとつの曲を究める楽しさ、喜び、満足感

ピアノ練習 ひとつの曲を究める楽しさ、喜び、満足感

Categoryピアノ
もも姫は今 とてもたくさんのピアノ曲を日替わり、週替わりで弾いて練習しています。
あの曲もこの曲もたくさん弾きたいと思っています。

ピアノを始めてからこれまで こんなに多くの曲を一度に練習したことはありませんでした。

たくさんの曲を練習し過ぎていて一曲にかけられる練習時間が少ないのが悩みです。。

二兎追うものは一兎をも得ず ということわざがありますが、いまは二兎どころか50兎くらい追っているような感じです。。

そんな風にピアノを練習していたのですが、2週間ほど前から練習の仕方を少し変えることにしました。

たくさん練習している曲の中から数曲選んで、その数曲を中心にたくさん時間をかけて練習することにしました。
それ以外の色々な曲も少し弾きながら。

この2週間くらいは そうして練習しています。

そんな風に1つの曲に特に集中して練習をすると、やはり、たくさん時間をかけて練習した曲が輝いてきます。

たくさんの色々な曲を弾くことも楽しいですけど、ひとつの曲を深く勉強して究めていくと その曲がだんだん宝石のように輝いていき、大きな喜びや満足感を得ることができます。

毎日自分の好きなように自由にピアノを弾いているので、少し前まで あの曲もこの曲もと欲張って広く浅く弾いていましたが、練習方法を変えてみて、曲を究めていくことの楽しさをあらためて感じています。

数曲といっても その中にはラフマニノフのピアノコンチェルトも含まれているので、練習時間が足りないなと思うのですが、でも、
曲が日に日に少しずつ磨かれていくことが楽しみです。

スポンサードリンク


【関連記事】

ピアノ練習 ブログ日記

ピアノ練習を長い間しないでもピアノがよく弾ける時

音大ピアノ専攻受験合格のためのピアノ練習

ピアノを7時間半練習。音大ピアノ科受験 高校2年の日記

関連記事
スポンサードリンク

Comments

NANTEI  

夜分、

お邪魔します^^。
ラフマニノフ@@!
聞いただけで、凄いなあと思います。
私はほんとほんと、素人。しかも我流ですから、こうしてピアノのことをお話しするのも、汗たらたらですが、極めたいと思う曲が何曲かあります。まずバッハの「主よ、人の望みの喜びよ」とリスト「愛の夢」です。あははは(恥)。いずれもまだ半分、たどたどしく弾けるようにはなりましたが・・・。
だんだん根気が無くなりました。
ここのところ読ませていただいてますが、一日4時間の練習でも少ないとのこと。そうですよね!^^。
私、長くて2時間でへとへとになるのでございます(-_-;)。
基本がなってないのでまず、指、手首と疲れてくるのでしょうね。やはりきちんと学んだ方は、当たり前でしょうが凄いものです。
そのうち、演奏を聴かせていただける機会がくると、非常に嬉しい、というより感動するでしょうね。

 | EDIT | REPLY |   

第一楽章  

「慣らし」と「習熟」

ラフマニノフのPコンは一番有名な2番ですか?
最後の5番も好きです。もともと交響曲として書かれたものをピアノ協奏曲にアレンジしたものですよね。

ま、それはともかく、ラフマニノフも含めて50曲も同時進行とは凄すぎます!やや「暴飲暴食ぎみ?」という気もしますが(笑)、もも姫様は今、無性にピアノ・音楽にとり疲れてらっしゃるんでしょうね。

たくさんの曲に当たるのも、それはそれで初見に近い新鮮さがあって、目と指を「慣らす」ことになるでしょう。
ドイツの音楽でもフランスの音楽でもアメリカの音楽でもスペインの音楽でも、手法は多少ちがっても感情の起伏や音のメリハリなど、世界共通の“音楽語”みたいなものは同じでしょうから。

「いまは〇〇コンサートに向けて、この曲だけと付き合わなきゃ」ではなく、好きな曲といつでも向き合うのは素晴らしいことです。その中で、じっくりことこと煮込むように、何曲かにしっかりと。いいですね~

もしかして恋愛についても似たような傾向があったりして…?
それでいいんです!「今は彼氏がいるから彼氏だけ」という女性より、幅広くいろんな男性を見て上手に付き合える女性の方が、だんぜん魅力的だと思います!

 | REPLY |   

第一楽章  

訂正!

ごめんなさい!
「とり疲れて」…って、別に疲れちゃいませんよね(笑)。「とり憑かれて」ですね!

 | REPLY |   

もも姫  

NANTEI さまへ☆

NANTEIさま こんばんわ☆
コメントをありがとうございます♪
バッハの「主よ、人の望みの喜びよ」とリスト「愛の夢」は
私もとても好きで、時々弾いています♪
愛の夢はバッハよりも少しテクニックがいりますね(^^♪

ピアノを集中して弾くと、1時間弾いても結構疲れますね。。
ピアノを弾くのには体力がいるんだな~と、
病気で弱っている時に感じました。
手や腕は、その曲によって私も疲れますよ~(^^
疲れてもそのまま気にしないで弾いていますけれど。。

毎日練習して、少しずつ少しずつ
自分の思うように弾けるようになればいいなと思います☆
NANTEIさまも 楽しみながら好きな曲を極められればいいですね♪

 | REPLY |   

MAYUKO12  

NoTitle

こんばんは(*^_^*)。訪問ありがとうございました。
うれしかったです。ピアノって気力・体力入りますね。
私は、今のレッスンで初めてバッハのインベンション・シンフォニアにトライしています。
先日のバッハも一生懸命弾いたら、2回目で神経がすり減りました(笑)クタクタです。
めったにレッスンではそうならないのに(-_-;)。
合格をもらいたいと頑張りすぎました(笑)。

ラフマニノフ・・・すごい!!
夢のまた夢ですけど、いつか「鐘」に挑戦したいなあ。なあんて無謀!?。

ピアノを弾く時、1音でも無駄な音、粗末に弾いていい音なんてないんだ、
たとえ、短い楽章でもそう思って弾いています。

「曲を極めて宝石のように輝かせる」素敵な言葉ですね。
私もレッスンで弾いた曲を、今までレパートリーがなかったので、
その意味でも、いつでも弾けるように何曲か選んで、
毎日弾いています。(レッスンが終わってしばらくしたら、
弾けなくなってることが多いから)。

もも姫さんの1曲1曲に向かわれているお姿が
見えてくるようで、とても、真摯で、凛としてらっしゃるのを感じます。
長くなってすみません。(●^o^●)

 | EDIT | REPLY |   

もも姫  

第一楽章さまへ☆

ラフマニノフは、有名な2番のほうです♪
以前、弾いてみようかなと思ったことがあったのですが、
譜読みの途中でやる気を失い、挫折したことがあります(笑)
5番はあまり演奏されることはないですね。
第一楽章さまはコンサートで演奏されたことがあるのでしょうか。

暴飲暴食ぎみ..はい、その通りなんです。。
あれもこれも弾きたい曲があって..
そして、しばらく弾かないと忘れてしまうということもあって、
どんどん曲が増えていっています。。

そうですね、コンサート等があると、その曲ばかり毎日毎日1年近く弾くこともあります。
でも、ある時期に集中して練習して弾いたあと、しばらくは弾かずに間をあけて、
また弾いてみると、前よりも良く弾けることがあります。
集中して練習してみたり、しばらく弾かずにいたりしながら、
第一楽章さまの言われるように、ひとつの曲が
スープがじっくり煮込まれて美味しくなっていくように
味わい深くなっていけばステキだなと思います。

恋愛ですか?。。そういう傾向があるかもしれませんね~(笑)
第一楽章さまには見破られてしまいましたか~。。
でも、50人も追ったりしませんよ~(笑)

 | REPLY |   

もも姫  

Re: 訂正!

大丈夫ですよ~☆
ちょっと疲れているかもしれません~(笑)

 | REPLY |   

第一楽章  

ラフマニノフ

ラフマニノフのピアノ譜は挫折しますよね。

私は有名な2番を、ピアノではなくオーケストラのティンパニとしては何度か演奏したことがありますよ。
2010年3月のNHK「こころコンサート」では、あの辻井氏と3楽章だけやりました。

あと、あのPPのシンバルも実は難しいんですよ。以前あるアマチュアオケでシンバルを担当したんですが、低弦がつられて緊張してだんだん遅くなっていくんでやりにくかったな~(笑)


さきほどコメントに入れた5番ですが、もともと交響曲2番として書いたものは初演から絶賛を浴び、グリンカ賞なるものを受賞しているそうですね。

それが後に人の手によってこれをピアノ協奏曲にアレンジし直されたものが、いわゆるラフマニノフの「ピアノ協奏曲5番」と命名されたとのこと。ですから厳密にはラフマニノフの作品とは言えないかもしれませんね。

交響曲2番は全体が4楽章で構成されていますが、ピアノ協奏曲5番は全体が3楽章にまとめられています。
交響曲での2楽章(アレグロ)部分が大幅にカットされ、ゆったりと美しい3楽章がピアノ協奏曲では「2楽章」となっていて、その中に一部だけ交響曲の2楽章のモチーフが登場しています。













 | REPLY |   

翠  

NoTitle

はじめまして。
小学生の頃から、ピアノを弾ける友達に憧れ続けて数十年。。。
もも姫さまの記事を読むたび、うらやましくて(〃艸〃)

そして、この歳になって突然ピアノをもらってしまい、長年の夢をなんとかかなえたいと思う今日この頃です。
弾けるようになれるかしら・・・不安いっぱいです。(´;ω;`)
また、アドバイスをお願いするかもしれません。
その時は、よろしくお願いいたします。(*・ω・)*_ _))ペコリン

 | REPLY |   

もも姫  

第一楽章さまへ☆

第一楽章さまは辻井伸行さんと共演されたのですね! 
ラフマニノフ2番は、コンクールの時に演奏された曲ですから、
きっと素晴らしい演奏だったのでしょうね。
辻井伸行さんのラフマニノフ2番はテレビでしか聴いたことがありませんが、
情熱溢れる演奏が素敵でした。
私は、若いピアニストの純粋でひたむきな演奏が好きです♪

ラフマニノフのピアノ協奏曲5番、私は聴いたことがないのですが、
ラフマニノフのピアノ曲は過去にソナタや前奏曲などを演奏会で弾いたことがあり、
とても好きな作曲家ですので、第一楽章さまが美しくて好きと言われる5番、
ぜひ聴いてみたいです。
私は日本人女性でラフマニノフとは体格も手の大きさもまるで違うので
ラフマニノフのピアノ曲は、大変なところもあります(^^♪

 | REPLY |   

もも姫  

MAYUKO12さまへ☆

MAYUKO12さん こんにちわ☆
また訪問してくださって私も嬉しいです♪

ピアノレッスンで先生の前で弾くのは緊張するし疲れますね(*^_^*)
だから私は、レッスンが終わったら あ~終わった~と思って開放感いっぱいで遊ぶんですけど、
その日のうちに家でおさらいするMAYUKO12さんは偉いと思います!

ラフマニノフの「鐘」、素敵ですね♪
MAYUKO12さんはピアノをとても頑張って練習されているので、
いつか必ず弾けるようになると思います☆

私も同じです。今ある曲が弾けていたとしても、
ず~っと弾かないでいると、だんだん忘れていってしまいます。
忘れてしまってまたいちから勉強しなおすのはもっと大変ですから、
時々弾いています(^^♪

私もMAYUKO12さんもピアノを弾いている時は
きっと同じ尊い気持ちになっているのでしょうね♪
MAYUKO12さん、ありがとうございます♪

 | REPLY |   

第一楽章  

ラフマニノフ 手が大きい!

年末に私のブログにアップした、このラフマニノフのネタ!
フェイスブックでもご紹介したところ、何人もの方がシェアして爆笑されています。

「ラフマニノフ 手が大きい! ワタシ 手が小さい。でも、小さいのは手だけ…」
http://resolutely.blog6.fc2.com/blog-entry-398.html

もも姫さまのお友達・コメンテーターの皆さんもぜひ!

 | REPLY |   

もも姫  

翠さまへ☆

はじめまして 翠さま☆
コメントをいただいてありがとうございます♪
ブログを読んでくださって嬉しいです☆

ピアノを突然にもらわれるなんてとても幸運ですね(*^_^*)
大丈夫ですよ☆最初は少し難しいかもしれませんが、
少しずつ上達されていくと思います☆
誰かに教えていただくと早く弾けるようになると思いますよ☆
好きな曲が弾けるようになると楽しいですね♪

ピアノのこと、その他のことでも、また宜しければいつでも
コメントしてくださいね☆

 | REPLY |   

ト音記号  

NoTitle

私も「弾き散らかし」をよくします。そして挫折して放置して、またしばらくしたら弾いてみて・・・そうすると放置している間に、できなくなっちゃうのではなく、熟成されていることもあります。
最近は、少し練習不足、2月3月がヴァイオリン以外のことで忙しいのです(言い訳)。

 | REPLY |   

もも姫  

ト音記号さまへ☆

ト音記号さま ありがとうございます☆
いつもコメントを書いていただいてばかりで..
私は最近、てんてこまいになっています~。。^_^;

「弾き散らかし」と言うのですね。。(笑)
初めて聞きました。勉強になります(*^_^*)
ピアノを練習していると、不思議なことがよくあります。
昨日はとても良く弾けていても今日は特に理由もないのに
思うような演奏ができなかったり..

日常生活ではあれこれとすることがあって、
なかなか十分に楽器を練習することができませんね。。
昔 ピアノを習っていたとき、
ピアノの先生のお家がいつもあまりキレイになっていなくて、
先生は掃除していないな~と子供ながらに思っていたことがあります(笑)
きっと忙しすぎて掃除をする時間がなかったのかな~と
今ではそのことがよくわかります☆

あっ そういえば ト音記号さまのブログでお掃除についてのことが
書かれていましたね☆
参考にさせていただきたいなと思いました。
ちょっと私もお家をキレイにしないといけないな~と思います(*^^)

 | REPLY |   

ムーミンパパ  

♪「ラ・カンパネラ」にまつわる三つの思い出

 古い映画ですが、パガニーニを主人公にした「魔法の楽弓」とかいうのがあって、そのなかに「ラ・カンパネラ」が登場していたように思います。

 NHKの「クラシック・ミステリー 名曲探偵」でしたか、そんなような番組で鐘が取り上げられたときに、小山実稚恵さんが三つほどのバージョンの「鐘」をすらすらーっと弾かれたので、さすがプロと驚いたことがあります。

 もう一つの思い出は、スポーツのパラリンピックにあたるようなコンサート・・・障害をもったかたたちが国連に出かける前に岐阜市のサラマンカホールという会場で演奏会をされたときのことです。

 一人の好青年が「鐘」をノーミスで見事に演奏したのに心打たれました。後で知ったのですが、その青年は、聾者だとのことで、感激しつつ、頭が下がりました。

 もも姫さん 今は、体、指をいたわって、内面で音楽を熟成させておられるのだと思います。 どうぞ、お大事になさってください。 追いかけていた50曲ほどが、そのほかの曲とともにもも姫さんを慕って追いかけてくるようにきっとなりますから。その日を楽しみにしつつ・・・

 | REPLY |   

もも姫  

ムーミンパパさん☆

こんばんわ☆ムーミンパパさん
ラ・カンパネラというと フジコ・ヘミングさんが思い浮かびます。
フジコ・ヘミングさんは若い時に難聴でピアニストとしての大きなチャンスを失いましたが、
その後 ピアノを諦めることなくずっと長く頑張って弾き続け、今はピアニストとして活躍されていますね。
フジコさんの演奏するラ・カンパネラには、
フジコさんのこれまでの人生のすべてが表れていると思います。

ムーミンパパさん ありがとうございます☆
今は、食べられない ピアノが弾けない..と、二重苦ですけれども
でも、普段時間がなくてなかなか聴けない音楽を聴いて、勉強をしたり楽しんだりしています。
過去記事を読んでくださり、嬉しく思います。

 | REPLY |   

コメント投稿