flower border

愛愛日記~クローン病ブログ

クローン病ブログから健康ブログへ。腸に良い食事や料理レシピ、健康食品など

スポンサードリンク

TOP > クローン病 症状 > title - クローン病は男性のほうが多いのに…クローン病になった原因

クローン病は男性のほうが多いのに…クローン病になった原因

Categoryクローン病 症状
日本ではクローン病の患者は女性より男性のほうが多いそうです。

難病情報センターのホームページにも、男女比は約2:1で男性のほうが多いと書かれています。

男性のほうが2倍程も多いということですけど、女性であるもも姫は どうしてクローン病になったのかな~と時々考えることがあります。

もも姫は けっして男らしい女性ではないと思うんですよ~

男性の後ろを2歩も3歩もあとからついていくタイプなはず?なのに
どうして男性が多くかかる病気になったのかな~

多いといっても2倍多いだけなので 女性の患者が極端に少ないということでもないですが。

もも姫が思いあたる自分のなかの男らしいところ..といいますか、強いところは、ピアノに関することです。

ピアノでショパンやラフマニノフ等、色々な曲を弾くときには強い心を持っていないと弾けません。
女性らしくてやさしいだけではピアノはよく弾けないんです。
女流ピアニストなど思い出してみると、凛とした強さのある女性が多いと思います。

もも姫は普段はとっても女性らしい気持ちでいるんですけどね
ピアノを弾くときはキリッとした心で弾いているときが多いんですよ~

男らしい性格が原因でクローン病になるということはないと思いますけどね。

JIMROという会社のホームページには、日本で男性のクローン病患者が比較的多いのは喫煙が原因かもしれないと書かれています。

アメリカでは、クローン病の患者は男性女性ほぼ同じ数で、アメリカでは喫煙者の割合が男女同じだということです。

もも姫はタバコを今までに一度も吸ったことがないのですけど、タバコを吸っている人のほうが吸っていない人より発病しやすいということでしょうか。

タバコはクローン病によくないというのはよく言われていますね。

もも姫はタバコは吸ったことがないし、家族や周りの人に吸っている人もいないけれど、クローン病になりました。

繊細な性格が大きく関係しているような そんな気がしています。
心と腸は密接に結びついていますからね。

参考記事:クローン病、潰瘍性大腸炎とストレス

それから、子供の頃から食べるのが遅かったり 少食気味だったりして、胃腸がすごく丈夫ともいえなかったので、そんなことも関係していると思います。


クローン病の原因はまだはっきりとわかっていませんが、先日の新聞で、クローン病の根本的な治療法につながるようなことがマウスの実験で成功したと書かれていて、それを読んだときドキドキしました。

いつかはクローン病の良い治療法がでてきて今よりも良くなるかなと漠然と思っていて、あまり期待はしていなかったけれど、でも もし、近い将来、クローン病の根本的な治療法が人にもできるようになれば、夢のようなことだなと思います。

夢のようなことがもしも現実になったらどうしよう~ 何をしようかと ほんとうにドキドキしてしまったもも姫でした。

スポンサードリンク


※追記
この記事を書いて公開したのは2012年のときなのですが、2017年の今、ブログの整理のために読んでいたら、この時とはちょっと違うなと思うことがありました。

現在はずっとクローン病の症状が良いせいか、クローン病の根本的な治療ができることはそれほど夢のようなことでもないと思います。

いまクローン病が完治したところで もも姫の生活がなにか変わるかと考えてみたら あまり変わらないような気がします。

今 完治して嬉しいことといえば、病院に定期的に行ってレミケードの治療をしたりしなくても済むということです。
もも姫はクローン病になって長いので、病院から解放されればとても嬉しいです。

現在はクローン病の症状は大分良い状態です。


【関連記事】

クローン病の原因

クローン病発病時の症状。初期症状

クローン病 入院治療を終えて退院 闘病頑張りました

レミケード治療の効果とクローン病症状

バルーン拡張術 直腸狭窄の治療と大腸内視鏡検査。クローン病

バルーン拡張術で直腸狭窄が拡がる。クローン病治療 粘り勝ち

関連記事
スポンサードリンク

Comments

mayuko12  

NoTitle

こんばんは(*^_^*)。
たばこは何にでも、原因の1つと言われますよね。
やっぱりあまり良くないのでしょうね。
世の中には、いろんな病気がありますが、
なかなか開発は進まないものが多いから、
本当に、1つでも2つでも、苦しむ要因がなくなることが希望ですね。そんな日が来ることを私も一緒にお祈りしますね。
(*^_^*)。

 | EDIT | REPLY |   

もも姫  

鍵コメさんへ☆

ありがとうございます☆
お気持ち 嬉しいです(*^_^*)
毎日幸せいっぱい感じて過ごしたいなと思います☆

 | REPLY |   

もも姫  

mayuko12さんへ☆

こんにちわ(*^_^*)mayuko12さん 
そうですね、なかなか治らない病気がクローン病の他にもたくさんありますね。
クローン病は私のように、多くの人が10代、20代で発病するので、
学校生活や進学、就職、恋愛、結婚等に大きく影響してしまいます。
私よりももっと大変な症状で苦しんでいる人もいるので、
少しでも楽になる治療法があればいいなと思います。
mayuko12さん ありがとうございます(*^^)☆嬉しいです☆

 | REPLY |   

もも姫  

鍵コメmさんへ☆

そうなんですよ~
あれもこれもしていると何もできなくなってしまうので、
ピアノや自分の時間を優先しようと思ってそうしました☆

私もmさんの見ているのをさっきちょっと見てみました(*^^)
なるほど!
なんといいますか..勇気のある行動だと思います(^^
色んな人があれを見ながら、色んなことを思っているのでしょうね。
わたしも時々、色々なのを見て、う~んあんまり..と思うことがあります。

 | REPLY |   

クロ  

NoTitle

ほんとに夢のような話 でもいつか完治できるといいな~    やっかいな痔ろうともおさらばしたい  好きな物い~っぱい食べたい

 | REPLY |   

あかちん  

NoTitle

こんばんは。
クローン病に効果の期待できる薬剤の研究が
どれくらい行われているか今度調べてみますね。
薬ならフェーズ1~3までをクリアしておおよそ10年かけて
できあがります。フェーズ3の段階の薬なら間近ということですよね。

 | REPLY |   

もも姫  

クロちゃんへ☆

こんばんわ☆ クロちゃん
もしもそんな良い治療ができるようになったらと考えるだけで
涙が出るくらいに嬉しいです(*^_^*)..ほんとうに涙ぐんでいました(笑)
私も、食べるものも 何も心配しないで食べられるようになるかもしれない~と思いました☆
狭窄を繰り返しているのが治ればいいな~ もう手術したくないです。
嬉しいニュースですね(*^^)♪

 | REPLY |   

もも姫  

あかちんさまへ☆

こんばんわ☆あかちんさま
ありがとうございます!
調べてくださったら、とても嬉しいです。
お薬ができるまで10年もかかるのですね..

レミケードも、長い間投与しているうちに
だんだん効かなくなってくるという話もよく聞くので、
今より少しでも病状が良くなるお薬ができればいいなと思っています。

 | REPLY |   

コメント投稿