flower border

愛愛日記~クローン病ブログ

腸に良い美味しい食事や料理レシピ、健康食品・健康情報など

スポンサードリンク

TOP > 絶食・断食 クローン病 > title - クローン病 3年絶食中に作った料理レシピ帳

クローン病 3年絶食中に作った料理レシピ帳

Category絶食・断食 クローン病
もも姫は以前、
炎症性腸疾患 クローン病の小腸狭窄の症状が悪化して食べ物がほとんど食べられなくなり、
病院でクローン病と診断されずに3年間食事ができないまま絶食で過ごしていたことがありました。

その3年間絶食していたうち、1年半は病院に入院していたのですが、
その入院中に料理のレシピをノートに書いてレシピ帳を作っていました。

病院で3年間 病名がわからず、食べられない原因もわからないという状態がずっと続いていました。

3年のあいだ、このまま一生食べられないのかな…と思うこともあったのですが、
でも いつかはきっと食べられるようになるだろうと希望を持ちながら、
テレビの料理番組で見た美味しそうな料理のレシピや
新聞に載っている料理レシピをノートに書いたり、
料理雑誌のレシピや写真等を切り抜いてノートに貼っていました。

1年半の入院でしたから、ノートに書いたレシピはかなりたくさんあります。

その時はクローン病ではないと診断されていたので、
クローン病用の料理レシピを書いていたのではなく、
自分が退院したら作って食べたいなと思う色々な料理のレシピをノートに書いていました。

料理を作ることは子供の頃から好きだったので、レシピ帳を作るのは楽しかったです。

もも姫が1年半の絶食入院中に書いていた料理レシピのノートです。

 クローン病食事 料理レシピノート

 クローン病入院 料理レシピノート画像

サーモンシューマイや揚げない鮭缶のコロッケ等は、
クローン病でもわりと安心して美味しく食べられそうだと思います。

イワシの梅肉ロール巻きやヨーグルトケーキも良さそうです。

鍋物料理やパスタ等、色々書いています。

 絶食 クローン病 料理レシピノート

もも姫の直筆で書いたレシピは恥ずかしいので 小さい写真にしました。

 クローン病 料理レシピノート


もも姫は 結構マメな性格なので、
料理の絵を書いたり 色をつけたりして楽しみながらレシピノートを書いていました。

病院で過ごした1年半の間 毎日毎日 朝昼夕の食事の時間は とても悲しい時間でした。
退院してからも さらに1年半ずっと食べ物を食べられず悲しかったです。

入院した最初の頃は病院の個室に入院していたのですが、途中から大部屋へ移ることになり、
同じ病室の患者さんが食事をしている間 もも姫は食事ができないので、
仕切られたカーテンの中で この料理レシピ帳を ひとり書いていました。

悲しみや苦しみ、希望、喜びなど 色々な思いがたくさんつまった大切な料理レシピ帳です。

人生には どうにもできない時があるけれど、でも、
時が来れば問題が解決して良くなることがありますね。

もも姫はいま、クローン病がありますが、色々美味しい食べ物を食べられています。

3年間なにも食べられなかった時のことを思うと、今は 毎日なにか少しでも食べられるというだけで ほんとうにバラ色のような素敵な日々ですよ。

3年絶食中に書いたレシピ帳の料理を作って食べて、また、ブログで書きたいと思います。

スポンサードリンク


【関連記事】

クローン病の食事制限・食事療法

クローン病ブログをやめる クローン病から離れる

腸内フローラ改善に豆乳ヨーグルト。大豆食品はクローン病・潰瘍性大腸炎に悪いの?
関連記事
スポンサードリンク